温故知新を心に

手漉き和紙の染め仕立て​をしています。

古来より伝わる先人達の思いや技を学びながら、

日本の紙漉き産地を巡り、それぞれの和紙の特徴を生かした加飾加工を試みています。

染めながらも、

無地の和紙の余白の美しさ、

和紙に関わる人々の想い、という目に見えない「余白」を伝えたいという願いで

「紙ノ余白」と名づけています。

内容

アートパネル

屛風

建具

封筒

一筆箋 

​その他オーダー制作

​和紙研究

原田 紗知

​Harada Sachi

奈良生まれ

京都市立芸術大学銅版画専攻卒業

唐紙制作工房「唐長」にて修業

石州和紙「西田和紙工房」にて修業

​2015年灯しびとの集いより紙ノ余白をスタート

現在京都市内にて京町家の工房で活動中

I put a color and a pattern on Japanese paper.

And I am tailoring my products to art panels and fittings, small envelopes.

 

Washi is a domestic raw material that we made one piece one by hand.

I am dyeing in a way that makes full use of the characteristics of each Japanese paper.

I hope many people will know the beauty of traditional Japanese paper and dyed paper in Japan.